自動車を処分するさいの方法としては下取りと買取りがあります。
下取りの場合は新しい車を購入する代わりに古い車を引き取ってもらうというものです。

主に販売店が買取りを行うため価格はやや低く見られがちです。
一方で買取りの場合には中古車買取り専門の業者が行っているもので、中古車として販売することを前提に買取り価格を決定するため、高めの買取りが期待できます。

いずれにしても車を売却することであり、売却をする前に買取り価格を決定するための査定が行われます。

査定を行うさいに注意するべきはリサイクル料であります。
クルマの査定により算出される金額としてはそのクルマ本体の値段のケースと、くるまに附随してくる自賠責保険やリサイクル料などを含めた価格の2種類があります。

リサイクル料は自動車を購入したさい、またはリサイクル料が未納の場合には車検を通したさいに支払われるもので、将来自動車を廃車にして解体処分するさいに必要となるシュレッダーダスト、フロンやエアバッグなどを再び活用するためのコストとして使われます。

そのお金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預ける事になり、解体処分される時点でJARSから支払いがおこなわれます。

費用は、軽自動車だと約8千円、国産の自動車なら約1万円、輸入自動車等で約1万5千円、そのほかで約2万円ほどを納める必要があります。
多くの中古車買取りでは、これらのリサイクル料を自動車の買取り価格とは別として買い取られることになりますが、リサイクル料を含んで買取り価格としているケースもあり、買取りを依頼するさいにはチェックを入れておいたほうが間違いはないでしょう。

買い取り査定なら
↓↓↓