車の買い取り専門店に審査をお願いしたものの、ローンを完済できていないケースも考えられます。そうしたケースでは、売りたいクルマの権利がご本人なのか別な人なのかをともあれ確認しておくことが求められます。

本当のところ、持ち主に関してどれを確認したら分かるかというと、「自動車検査証」に記載のあるお名前の方がクルマの所有権者という訳です。

お車を購入した際に銀行などのローンを設定した場合は、こちらの「自動車検査証」に記載されている名前がご自身のお名前になってるはずですが、分割払いを組まれたのがクレジット会社である時には氏名が信販会社の記載になっている訳です。信販会社でローンを組む場合になぜこのような形で信販会社を所有者として記載するのかというと、その答えとしては支払いが滞納されたときに、直ちにくるまを差し押さえて確保することを考えているからです。

こうしたわけで所有者名義がクレジット会社にある時にはそのマイカーを好き勝手に売り払う事は無理なことです。それでも売ってしまいたいならローンを全て完済するか割賦契約の組み替えをして所有者を貴方の名前に変更した上で売却をする必要性が出てきます。そうはいっても現実にそういった事が可能なのはその時点で持っている資産がとても多い場合に限られてしまいます。それではお金がない人はどのようにしたら望ましいでしょう。

そのような際は鑑定をやってくださったお車買取ショップにご相談頂けますと、お車の売値から残りの返済分を支払し、所有者の欄をアナタの名前に直して頂くことができます。手続きの方も全てにおいて買い取り専門店に任せられるので心配いりません。