自分の車のを売却する時の手続きというと買取と下取りが御座います。下取りの場合は新しい所有車を買う際にこれまでのお車を引き取って貰うというものです。たいがいはは新車のディーラーが買い取りをすることになるのでプライスの方はどっちかというと低価格に見られる場合が多いです。

一方で買い取りの場合にはユースドカー買い取り専門ショップがするもので、中古の車として販売することを予定して買取金額を決定するため、やや高額な買取りが期待できます。いずれにしてもお車を引き受けてもらうことであり、、売り払う前に引き取り額を決定するための審査が行われることとなります。

値踏みをお願いするさいに気に掛かるのがリサイクル料になります。マイカー値踏みで出される価格としては自分のくるまのそれ自体の額、お車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料等いれたプライスの2つの種類が有ります。リサイクル料は中古車をゲットした場合、もしくはリサイクル料が未払いだった場合ですと車検を通したケースで支払いになりますので、将来、愛車を廃車として処分するケースで必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等をリサイクルするときの料金ということで使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、処分する時JARSから払われるということになります。

費用は大体、軽自動車であれば8000円ほど、国産車の場合は約1万円、外車などで15000円程、それとは別に2万円位を入金する必要がございます。大体の愛車買取であれば、こういったリサイクル料金を車の買取りプライスとは他として引き取られるというようなことになりますが、リサイクルの代金を入れて買い取り金額となっている場合も有り、引取りを依頼する場合には確認しておくのが大切なこととなります。