くるまの買い取りや下取りの際には、初めに査定をしてもらうかと思います。査定とは、お客さんから下取りや買取する際に正当な鑑定をするための工程であり、それをするためにはいろんな方たちから認識され、プラス受け入れられた手順でないとまずいのです。ただ、こちら側からすれば、値踏みがどんな感じでされているのかはっきりとは認識していなかったり、適正な段取りで作業されているのかはどうしても認識することができなかったりもするものです。そうはいっても見積の方はマイカーの値打ちを確定させる決め手となるプロセスである為、考え方やその方法に種々のものがあれば社会が混乱する理由にもなってしまいます。

そんな混乱を起こさないようにするため「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関があり、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

日本自動車査定協会という機関は、キチンとした鑑定が行き渡るように務めている団体であって、私たちが信頼して見積に提出でき、そのうえで納得のいくシステム作りの行いをしています。

分かりやすい活動内容としては、例を出すと健全な査定士を育てるために検定を行っており、査定協会が実行している学科や実技の研修を受けてもらい、そうしてから査定士技能検定試験に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格がもらえます。さらに査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、しっかりとした見識や義務を以てしてユーザーの所有車の評価をおこないます。つまりはしっかりした見積もりを行う為の資格を持つ者が評定を実施しますので、我々も安堵して買い取りや下取りに持っていくことができるのです。