自分のくるまのを処分するときの手順といえば下取りと買取りが存在します。下取りのケースというのは次の自分の車のをゲットする時、これまでの所有車を引受けしてもらうというものです。だいたい販売会社が引受けをおこなうため値段としてはわりと低く見られるケースが多いです。

もう一方の買い取りのほうは車買い取り専門ショップが行っているもので、ユーズドカーとして販売することを前提に買取の値段を決めるので、どちらかというと高額の買取が期待できます。どっちにしてもユースドカーを売却することであり、売却する前に引受け金額を決定するための見積もりがされることとなります。

鑑定をして頂く際に気になるのが「リサイクル料」です。車鑑定で出される金額としてはその自家用車それ自体のプライス、クルマに付いてくる自賠責保険やリサイクル料等々入れた金額の二つの種類が御座います。「リサイクル料」は愛車を買った際、または「リサイクル料」が未払いだった時には車検の時に支払われるもので、のちにくるまを廃車にして壊してしまう時必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする際のコストという名目で使用されます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体するさいにJARSから支払されることになります。

料金は、軽なら8000円くらい、国産車の場合は10000円ほど、外国の車などで1万5千円ほど、そのほかで約2万円ほどをいれる必要が御座います。だいたいの愛車買取の場合、こういったリサイクル料金をクルマの引受け価格とは別として買取られるということとなるのですが、リサイクルの料金をいれて引受け額としているケースもあり、引受を頼むケースではチェックしておくのが大切です。