車の下取や買取の時には、最初に査定をすることでしょう。査定とは、お客さんから下取・買取時にちゃんとした鑑定をするための工程であり、それにはいろいろな方から認識され、尚且つ承諾された段取りでなければいけません。ただし、客側から見るのであれば、鑑定がどのようにされているのか具体的に知らなかったり、キチンとしたやり方でやられているかはどうにも分かっておくことが難しいものです。そうだとしても査定というのはユースドカーのバリューを決める大切な方法である為、やり方や考えにさまざまなものがあると世間のパニックの一因にもなる可能性があります。

このような混乱を発生させない為にも日本自動車査定協会と呼ばれる機関が存在し、中古自動車査定制度を設けているのです。

日本自動車査定協会という機関は、しっかりとした査定が行われるように動いている団体であって、我々が不安なく鑑定に出せて、そして満足のいく結果となる制度を構築する活動をしています。

実際の中身としては、例を出すとちゃんとした査定士を育むためのテストを実施しており、査定協会が実行している学科や技法の研修を受け、そののち「査定士技能検定試験」に合格することで一定の技能を保有する査定士としての資格が与えられます。さらに査定士として働く為には協会への登録が必要になり、健全な知識や義務でもって消費者の所有車の評定をします。つまり適正な査定のための資格を持つ者が鑑定をしますので、私たちも悩まずに下取または買取に持っていくことが出来るというわけです。