使用済みの車を処分したい場合における方法としては下取や買取などのやり方が用意されています。下取りというのは新しいクルマを買ったタイミングで、これまで乗っていたお車について買い上げて頂くというものです。そのくるまが走ることが出来る中古車だとしたら買値が付きますが、異様なほど古すぎるものであった場合ですと逆に処分の為のお金を求められるケースだってあるでしょう。

下取の場合は専門店が買受するわけじゃないので、高値での譲渡は厳しいかと思いますが、新しいマイカーと入れ違いで乗り換えすることが可能であるという良い面があります。一方買取はというと、それ専門の車買い取りの専業店に頼んで買受して頂くといったものです。そのやり取りがややこしいといったよくない点もありますが、引き受けられた自動車というのはユースドカーという事で流通されるのがもとから決定事項ですので、想像していたより希望するような価格での売渡が望めるでしょう。

買取、下取どちらのケースでも譲渡の場合にはさまざまな書類をまず準備することが必要です。どういったものが必要なのかというと、車検証の原本やくるまの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証が挙げられます。そのほか印鑑証明と実印や、住民票といったものも必要となります。

譲渡のときには委任状と譲渡証明なども必要となりますが、それらについては買い取りの専門店にて用意してくれるはずです。買い取りを望んでいるコチラ側としては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、住民票、実印あとは印鑑証明を準備しておきましょう。審査の時にもこれらをチェックされるため、なくした際はもう一度発行する事になります。

もし仮に紛失の場合でも評定それ自体はしていただくことはOKですが、その場で買受はおこなえないため見積もり価格に悪影響が出たりします。