使用済みの自動車の買い取りについて頼んだ際には、まず審査額を受ける事になります。その際の品定めに関しては買い取りの専門店のスタッフがするわけですが、クルママーケットの値段などから算定されるといったことになります。

通常、中古の車のということで売り出されている額の20~30%くらいが買取り価格と言われているようですが、人気の車種でしたり、珍しい車種等の時には思った以上の高い見積額が付くケースもあるようです。ほかにも、年式は新しい方がいうまでもなく高くなります。一方、こういった見積価格はその使用ずみの自動車が問題ない状態であり、万全ではない場合には低く査定されます。中でも特に事故の跡といったものは査定に大きく影響してきます。

修理歴といっても定義があいまいですが、基本的には自動車の基礎であるフレームの部分にまで跡を残すような事故を起こしてしまったクルマは事故車となってしまいます。そのような事故歴のあるクルマはあとから何がしかの負の影響出てくる危なさがあるので、買取の値段に関しては駄目なものとなってしまいます。とはいってもフレームの部分まで影響がなく、外見を修繕した程度であればならないのですが、しかし修理歴としてはつくことになります。

当然修理歴は付くわけなので負の害はある訳ですが、事故車に比べて低く値踏みされることはないでしょう。そのほか、エンジンやギアなどに不具合が起きている時もマイナスとして見積もりされますし、日頃の整備の状況が査定額に関わってきます。

そのような部分は我々にはちんぷんかんぷんですが、値踏みをする専門業者ではしっかりその辺りもチェックしてきます。

どちらのケースでも修理した跡が無いという事が古くなった車の鑑定額がを上昇させることができるか否かの条件となってきます。