使用していた自動車の買い取りのお店に評価をお願いしたものの、支払いを完済できていないなんて場合も無くはないでしょう。このような際は、その売却しようとする使っていた自動車の所有が自分になっているのか他の人であるのかどうか先にチェックしておくことが求められます。

実際のところ、オーナーが誰なのかは何を確認するとわかるのかといいますと、「車検証」に記載のある氏名の方がマイカーの所有者となるワケです。

自動車を購入する際に銀行が提供している自動車ローンを設定した際は、こちらの「車検証」に記載のある名前がご自分の氏名になっている訳ですが、ローンを契約したのが信販会社であった場合ですとお名前がそこの名前になっている訳です。信販系で分割払いを組む場合どんな理由でこのように信販会社を名義人として記載するのかというと、その理由は支払いが滞納したりしたら、速攻で愛車を差し押さえして確保することを考えている為です。

そういった理由によって所有権がクレジット会社となっている場合はそちらの自動車を自分の好きに売る事はできないのです。どうしても売りたいなら先ずはローンをキレイに返済するか分割払いの組み換えによって名義人をあなたの名前に変えた後で売却をする必要があります。とはいっても現実にこうした事が可能なのは今現在お手持ちのお金がとても多い時という事に限定されます。それじゃあお金が不足しているケースではどうしたらいいのでしょうか。

そういったケースでは見立てを行ってくれた中古自動車買取専業店にご相談頂けますと、中古自動車の売値から残りの返済分を完済し、名義人を自分の氏名に直して貰うことができるという訳です。手続きの方も全部お店の方に任せることが可能なので問題ないです。