不要車査定を使うんだったら、まずはそのサービスの主となる流れをチェックしておくことで、気楽に使うことができるかと思います。まず、格付けを行っていただく前に使っていた車を査定して頂く事が必須となり、その診断をして頂く前には格付けの頼みをする行動からやっていきます。

格づけは実際に近くの買取り店舗へと持込みしても、ほかにもこちらまで来てもらうことも出来ますから、予約なしで買い取り専門店の方へ使用ずみの自動車を持込みして、評定をしてもらいたいと話しても格付けそのものは出来ます。そうとはいえ、予約もなく持ってきた際、評定を行う方の暇な時間であるとは限らず、待たされることもあるので注意してください。あと、お店にて直接診断を受けるのは、結構相場のことに詳しい方じゃないと不利になってしまうので出来ることなら出張での見積もりをしてもらう方が安心です。

品評の申し込みによって格付けがスタートしますが、査定だけですと30分とかからずに終了をします。エンジンをバラして細かいところまで評価するというわけではないので、ちょっと見える範囲でトラブル等がないかなどという評価をする程度ですから、たいして時間はかかりません。

値踏みが終わると、お待ちかねのネゴシエーションに入るのですがここが大事なところで、こちらを使用したのが初めての人はこの時点ですでに中古車の買取金額を教えてもらえるとばかり思いがちですが、向こうとしても出来るだけ安い値段で手に入れたいわけですから、始めに提示されるお値段はリアルな値段よりもひどく低く設定されていることが少なくないのです。このことを知らないと、ロープライスで契約してしまうケースがありますから頭の片隅に置いておいて下さい。

商談後、値段に折り合いがついたら必要となる書面の取り交わしをしてお車を引き渡し、代金を受け取って使用済みの車の買い取りは終了です。