お車の買い取りのお店に評定をしてもらったものの、残債を完済していない場合も無くはないでしょう。こうした時には、買い取って欲しい愛車の所有権がご自身であるのか、それ以外の人なのかどうかについて始めに確認しておくことが必要です。

本当のところ、持ち主に関してなにを見ればわかるのかといいますと、自動車検査証に記載されている名前が車の所有者という事であります。

クルマを買ったタイミングで銀行が提供している割賦払いを設定した時には、こちらの「車検証」に記載されている名前がご自身のお名前となっているのですが、分割払いを組まれたのがクレジット会社だった場合だと氏名がその信販会社の名前となるはずです。信販会社で割賦契約を組む場合なぜこのような形で信販系の会社を所有者として記載しているかと言えば、それは返済が滞ったりしたら、ただちに自動車を差し押さえて確保することを考えている為です。

そんな理由から所有名義がローン会社にある場合はその車を勝手に売ることは無理なことです。どうしても売却したいのであればまず支払いを全部返済するかローンの組み替えをして所有権をご自身の氏名に変えた上で手放す必要があります。とはいえ実際問題そんな手続きができるのはその時点でお手持ちのお金が沢山ある場合になってしまいます。だとしたら資産が不足しているならどんなやり方をするのが望ましいでしょう。

こうした際は見積もり査定をやってくれた中古車買い取りのお店に相談すれば、車の買値から残債分を賄い、持ち主をご本人のお名前に変更して貰うことができるというワケです。手続きに関しても全てにおいて買い取りのお店に任せられるので心配いりません。