古いお車売渡をお願いした場合には、最初に見積もりを受ける事になります。その鑑定の方はお店のの査定士おこなうわけですが、オークションマーケットの相場などから金額がはじき出されることになります。

一般的に中古車として売り出されているプライスの20~30%位が売却価格とされていますが、売れ筋のくるまであったり、珍しいくるまなどのケースでは高値が出る時もあるようです。他にも、製造年が新しい方がやっぱり高額となります。ただし、こういった見積金額はそのお車がパーフェクトな状態であり、完全じゃないときだと値踏みは厳しくなります。なかでも特に事故の跡等は見積に大きく影響してきます。

修理歴といっても定義が曖昧ですが、基本的にはお車の基礎となるフレームの部分までダメになるようなアクシデントを経験してしまったくるまは事故車として扱われます。このような事故歴のあるくるまはそののち何かしらの悪い影響が現れるリスクが有りますので、買取額に於いては悪材料とされてしまいます。その一方、フレームの部分まで影響がなく、外装を修理した位なら問題ありませんが、修復歴がついてしまいます。

もちろん修復歴としては付くわけですから良くない影響は有りますが、事故車よりも低く査定されることは無いです。その他、変速機やエンジンなどに問題が発生しているケースもマイナスという事で鑑定されますし、いつもの点検整備の状況が見積価格に影響してきます。

このへんは我々には分からない部分ですが、査定をしている買い取りの専門店はちゃんと状態を確認してくるでしょう。

どちらにしても修理歴が無いことが所有車見積がアップできるか否かの分かれ目となってきます。