使用済みの自動車の買取専業店に審査をして頂いたものの、分割金を残したままであるケースもあり得ます。このようなケースでは、その買取りしてほしい不要車の所有者がご本人であるのか他の方であるのかどうか第一に見ておく必要性があるのです。

実際、持ち主に関してどの部分を見ると把握できるのかといえば、自動車検査証に記入されたお名前の方がその中古の自動車の権利者となる訳です。

今のクルマを手に入れたときに銀行等が提供するローンを設定した場合だと、この自動車検査証に記載のある名前がご本人の名前になっているのですが、その割賦払いを組んだのがクレジット系の会社などの際は名前がローン会社の記載となっております。クレジット会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこのようにクレジット会社を持ち主として記載しているかと言えば、その理由は毎月の支払いが止まった場合、速攻でその車を担保として確保するためです。

そうした理由から所有名義が信販会社にある時にはそちらのクルマを好き勝手に売ることは出来ないのです。とにかく売ってしまいたいなら先ずは残債を残らず終わりにするか分割払いの組み換えによってオーナーをご自身に変更した上で売る必要があります。そうとはいえ実際にそういったことが可能なのがその時の持っている資産がいっぱいあるケースに限られます。それじゃあキャッシュが無い場合はどのようにしたら望ましいでしょう。

そうした際は評価をおこなってもらった中古自動車買取ショップに話してもらえると、使った車の買取金額から残った返済分を支払し、所有者の欄を自分自身のお名前に直して貰うことができるという訳です。手続きも全部お店の方に任せることが可能なので大丈夫です。