使用していた自動車の買取店に見積りをオーダーしたものの、ローンが払いきっていないなどのケースもあるかもしれません。このような場合だと、売るつもりの中古の車の持ち主が自分になっているのか誰か別な方なのかをとにもかくにもチェックしておく必要があります。

実際、所有者が誰かについてどこを確認したら分かるのかと言えば、自動車検査証に載っているお名前の人が使用していた自動車の名義の人という訳です。

今のクルマを買う際に銀行等が提供する分割払いを設定された場合だと、こちらの自動車検査証に書かれているお名前が自分自身のお名前となってるはずですが、自動車ローンを設定したのが信販会社であった場合だと氏名がその会社の名前になるはずです。信販系でローンを組む場合になぜこんな風にその会社を所有者として登録してるのかと言えば、その理由は月賦が滞納された場合に、すぐにお車を担保として確保するためです。

こういった事情で所有権が信販会社にある時にはその所有車を自分勝手に売り払う事は無理なことです。何が何でも売ってしまいたいなら先ずは支払いを完全に返済するか月賦の設定し直しをすることで所有権をご本人に変えてから売り払う必要があります。ですが、現実にそんな手続きができるのは今現在持っている現金がとても多い時という事になってしまいます。であるならば、資金がないならどういったやり方が望ましいでしょう。

こんな時には見たてを行っていただいた古い車買取ショップに相談すると、不要車の買値から残りの返済分を返済し、所有者のところをご本人の名前に変更してもらうことができます。手続きも全部買い取り専門店に任せることが可能なので大丈夫です。