マイカーの買取ショップに見積もり査定を依頼したものの、ローンが完済できていないケースもあり得ますよね。そんな場合は、買取りしてほしい自動車の持ち主がご本人であるのか誰かほかの人なのかどうかについてとにもかくにも確認することが必要です。

ホントのところ、所有者についてどの辺を見れば良いのかというと、「自動車検査証」に書かれているお名前の人がくるまの権利者ということになります。

くるまを買う際に銀行が提供しているローン支払いを設定した際は、こちらの自動車検査証に書かれている名前がご本人のお名前となっているのですが、自動車ローンを設定されたのが信販系の会社だった場合は氏名がそこの記載となる筈です。信販系で割賦契約を組む場合なぜこのような形でその会社を所有者として登録しているのかと言いますと、その答えとしては月賦が滞ったりしたら、すぐに車を担保として確保することを考えている為です。

こういった理由によって持ち主名義が信販会社にあるケースではそちらのくるまを勝手に売ることは出来ないのです。どうあっても売却したいのであればとりあえず残債を全て終わりにするか割賦契約の設定し直しをすることで持ち主をご自分に変えてから売却する必要があります。とはいえ現実にこのようなことが可能なのが今お手持ちの現金がいっぱいある場合になってしまいます。では資産が足りないならどのようにしたらいいのでしょうか。

そうした時には値踏みをおこなってもらった中古車買取ショップに話してもらえると、車の買い取りの値段から残った支払い分を完済させ、所有権をご自身の氏名に直していただくことができるというワケです。手続きも全部買取店にオマカセ可能なので安心です。