愛車の買い取りのお店に買取査定をして頂いたものの、ローンを残したままであるということも無くはないでしょう。そうした時は、売り払いたい自動車の所有権がアナタ自身なのか他の人なのかどうかまずはチェックしておく事が必須です。

実際、所有者についてなにを確認したら分かるのかと言えば、車検証に記載されているお名前の人が車の持ち主となるのです。

くるまを購入する際に銀行等が提供する割賦払いを組まれた場合だと、この自動車検査証に載っている名前がご本人のお名前になっている訳ですが、ローン支払いを組んだのが信販会社である場合だと名前がそこの記載となるはずです。信販系で割賦契約を組む場合なぜこういった形で信販会社を持ち主として記載しているかと言えば、その答えは月賦が滞納したりしたら、速攻で愛車を担保という形で確保することを考えているからです。

こうした理由によって所有者名義が信販会社にある場合はそのお車を好きなように売ってしまう事は不可能です。それでも手放したいならとりあえず残債をすべて返済するか分割払いの組み換えによってオーナーをご自分に変えた後で売る必要があります。さりとて実際そんなことが可能なのが現在お手持ちの資産が豊富にある時という事に限定されます。では資金が不足している人はどんな方法を取るのがよろしいのでしょうか。

そうした際は鑑定をやってもらった愛車買取ショップにご相談いただけると、所有車の売値から残債の支払いの分を賄い、持ち主をご自身の名前に直してもらうことが可能です。手続きの方も全てを買い取り専門店に任せることが可能なので大丈夫です。