中古自動車の買い取り・下取時には、必ず査定をしてもらうかと思います。査定というのは、売り手側から下取りや買取する際に正当な評定を下すための下調べであり、それには多くの人から納得され、その上合意された手続きをしないと良くないのです。とはいえ、お客様側から見るのであれば、鑑定がどうやって行われているのかはっきりとは確認できてなかったり、適正な仕方で作業されているのかはどうしても把握することが出来ないものですよね。そうはいっても審査というものはその車の価格を確定させる重大な工程な訳なので、方法や考えに色んなものがあると世間がパニックとなる一因にもなってしまうわけです。

そんなカオスを生じさせないためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」というのは、適切な値踏みが浸透するように務めている協会であり、ユーザーが不安なく車を審査に出せて、そして満足できる結果になるようなシステムを構築する務めをしています。

分かりやすい活動の内容は、例えばキチンとした査定士を増やす為のテストをおこなっており、査定協会がおこなっている学科とスキル研修というものを受けて、それから「査定士技能検定試験」に成功することで一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。そして査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした心得や規律をもってユーザーのクルマの品定めをするのです。言い換えると適正な見積のための資格を保有する人間が評価をおこないますので、ユーザーも安心して下取りや買取に愛車を提出することができるのです。