車を売却したい時における方法には下取や買取等の方法が存在します。下取りはおニューの自家用車を入手した時点で、これ迄の自家用車を買取りしていただくというものです。コチラは走行が差し障りないくるまだったとすればプライスが付くのですが、とんでもなく古い場合には逆に廃車にするためのコストを請求されることも考えられます。

下取に関しては、専門業者が引き取るという訳じゃないですから、希望するような価格での引受けは厳しいかと思いますが、おニューの愛車と取り替えるような形で乗り換えすることが可能であるという良い点があります。逆に買取の場合は、それ専門の車買取ショップにお願いして買い取りして頂くものです。その手続きが分かりづらいなどの短所も有りますが、引き受けられた自分の車は中古車として流通するのがもともと決まっている訳ですから、割と高値引受けが期待できます。

買取も下取も譲渡の場合には様々な書類を用意しておく必要があります。必要書類としては自動車検査証や自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券となります。そのほか印鑑証明書や実印、住民票といったものも必要となります。

買い取りのときには譲渡証明書や委任状も使うのですが、それらに関しては買取専業店にて用意してくれます。譲渡を望んでいるこちらとしては、自動車検査証、納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証、住民票、実印更に印鑑証明書が用意すべきものになります。審査の時もこれらを確認されるので、無くした時には再度発行してもらうことになります。

仮に無くても見積もりそれ自体は受けることがオーケーですが、すぐに買い取りは出来ないため値踏みした金額に悪い影響が出る場合もあります。