古い自家用車引受けを依頼したさいは、一番最初に審査を受けることになります。その際の見積もりに関しては買い取りの専門店の査定士おこなう訳ですが、くるま市場の値段等から計算されるものとなります。

だいたい古いくるまということで売り出されている値段の20~30%程が買取プライスと言われているようですが、売れ筋の車だったり、珍しいくるまである際には高値がつくなどの場合もあるようです。その他、製造年が新しい方がやはり高く売却できます。ただ、これらの買取り価格はそのマイカーが万全な状態のときであって、パーフェクトじゃない時だと低い査定となります。中でも特に修復の跡などはプライスに相当影響します。

修理歴というのも定義が微妙ですが、基本的にはくるまの骨組みであるフレームの部分にまでダメになるようなアクシデントを経験したクルマは事故車として扱われます。このような事故歴のあるクルマは将来において何か悪い影響が出てくるかもしれないという危険性があるため、見積金額では短所とされてしまいます。ですが、フレームの部分まで影響が無く、外装を直した位だったらなりませんが、ですが事故歴としてはつきます。

モチロン修復歴は付くわけなので負の影響はあるのですが、事故車よりも査定が低くなることは考えられません。それと、エンジンや変速機などにアクシデントが出ているケースもマイナスとして査定されますし、普段の整備の良し悪しが買取金額に関係してきます。

そのあたりは我々には見分けはつかないのですが、査定をおこなう買い取り専門店としてはシッカリとその辺りもチェックの対象としてきます。

どちらにしても修理歴としては無いことが自分の車の見積金額が上昇させることができるか否かのポイントとなってきます。