マイカーの下取や買取の時には、間違いなく査定をさせて頂きます。査定とは、お客さんから買い取りや下取りの際にまともな評定を下すための処置であり、それにはさまざまな人たちから認識され、さらに認められた手続きをしないとまずいのです。ですが、消費者側から見るのであれば、見積がどうやっておこなわれてるのか正確には把握していなかったり、正当な進め方で作業されているのかはどうしても分かっておくことが難しいものです。そうはいっても値踏みというのはマイカーの価値を確定させるとっても重大な工程な訳なので、やり方や考えに色々なものがあると世間がパニックとなる要因ともなるわけです。

そうした混乱を生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という機関が存在し、中古自動車査定制度を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」というのは、キチンとした値踏みが拡大するように取り組んでいる機関であり、我々が無事に車を審査に出せて、そのうえで満足できるシステム作りの動きをしています。

実際の内容的には、例を出すとちゃんとした査定士を輩出する為の資格試験をおこなっており、査定協会がおこなっている学科及びスキル研修を受けて頂き、その後「査定士技能検定試験」に受かることである一定の技能を持つ査定士としての資格がもらえます。そうした上で査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、健全な基本的なことや責務をもってお客さんの所有車の審査をしていきます。つまり適正な査定を出すための資格を保持している方が評定をおこないますので、客側も不安な思いをせずに下取または買取に出すことが出来るわけなのです。