古い車譲渡をお願いした時には、最初に審査を受ける事となります。その時の値踏みは買取専業店の担当者がやり、中古車マーケットの価格等から算定されるものとなります。

通常、中古車ということで売りに出されている額の2~3割程が買取プライスとなっているようですが、人気車種であったり、珍しい車種であったりする際には高プライスが出るなどの時もあるようです。また、年式は新しければ新しいほど高くなります。一方でこういった査定額はくるまがパーフェクトな状態のケースであり、完全ではないときには低く査定されます。なかでも修理歴などは買取の値段に相当響いてきます。

修復歴とは言っても定義は曖昧ですが、とりあえずクルマの本体であるフレームの部分まで跡を残すような事故を経験した車は事故車扱いになります。こういった修復歴のあるクルマはそののち何らかの悪影響が出現するという危うさが有るため、買取の値段においては駄目なものとなるのです。他方、フレームの方には影響が無く、外装を修復したくらいだったらなりませんが、それでも修復歴は付くことになります。

勿論、修理歴としては付く訳なので負の被害は有るのですが、事故車に比べて低い鑑定額となることは無いでしょう。そのほか、エンジンなどにトラブルが発生しているケースでもマイナスに審査されますし、日頃の維持管理の状況が見積に影響してきます。

そのへんは我々には気づかない所ですが、見積もりをおこなう買い取りの専門店ではきちんとその辺りもチェックしてきます。

どちらにせよ修復歴としてはないことが古くなった自家用車の査定が上げることができるかどうかの分かれ目となってきます。